三重県で建設業許可申請の行政書士をお探しの方

三重県の建設業許可に必要な書類

建設業許可に関する必要書類

 

*ここではご依頼いただく事業主様のほとんどが該当する「知事・一般・新規」の一般的な必要書類をご案内いたします。

 

   (取得の方針や依頼者様それぞれの事情により必要書類は異なります。)

 

 

 

1 経営経験確認資料

 

  現在の常勤性  
    ・健康保険被保険者証COPY(両面)
            ( 国保などで勤務先が特定できない場合はお尋ねください。)

 

  過去の経験確認 
    ・建設業許可に関する決算変更届を必要年数分(許可業者で役員の場合)
    ・注文書、請負契約書など必要年数分(年間1〜2件×必要年数分)
    ・請求書、預金通帳、元請業者の発注証明書の3点セット必要年数分 など
     (上記経験期間の常勤性確認)
             法人=履歴事項全部証明書+その期間の健康保険被保険者証等
             個人=その期間の所得税確定申告書B (受領印必要)

 

 

2 専任技術者確認書類

 

  資格証明
    ・該当資格証のコピー(原本が必要なものもあり)
  経験証明
    ・注文書、請負契約書など必要年数分(36ヶ月、60ヶ月、120ヶ月分)
    ・請求書、預金通帳、元請業者の発注証明書の3点セット必要年数分

 

 

3 定款

 

    ・現在の会社定款です。変更がある場合、議事録等も併せて必要です。
                  (個人事業主の場合は不要です。)

 

 

4 登記簿謄本

 

     ・現段階の記載内容と変更がなければ、古いものでも結構です。

 

 

5 直近の決算書

 

    ・決算書その他

 

 

6 前期の工事経歴

 

    ・上記決算書の期間にあたる工事の経歴。

 

 

7 役員の略歴書

 

    ・登記上の取締役のこれまでの履歴書のようなものです。

 

 

8 役員に関する証明書等

 

    ・1 登記されていないことの証明書
    ・2 身元証明書    (どちらも委任状で代理取得可)

 

 

9 標準報酬決定通知書

 

    ・健康保険及び厚生年金に加入した後に発行される書類です。

 

 

10 労働保険料概算・確定申告書

 

    ・労働保険の申告の際に、申告書に受付印を押印され返却されます。

 

 

11 労働保険料の領収書

 

    ・労働保険を支払ったことを証する書面です。領収書などのコピーを拝見します。

 

 

12 事務所の賃貸借契約書

 

    ・事務所が賃貸の場合。自社所有の場合には必要ありません。

 

 

13 残高証明書

 

    ・資産要件のクリアに残高証明書を使う場合には必要です。有効期限1ヶ月です。

 

 

14 その他の書類

 

    ・許可取得までの方向性により、他の資料が必要になる場合があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ